COMPANY会社概要

会社情報

難しい仕事ほど、
おもしろがってやってみる。
50年変わらない、私たちの姿勢です。

代表取締役 片山 慎太郎

私たちは、
何でも削ってみたくてたまらない。

1967年、木型製作として誕生したフタバモデル。その後、時代の移り変わりとともに変化し、金型加工、検査治具製作、自動車部品試作、航空機部品試作・量産、カーボン部品試作・量産など、幅広いモノづくりを手がける切削加工メーカーへと成長を遂げました。「世界にひとつ」をゼロからつくり上げる金型製作の技術。そして、「削ったことのないものなら、それが難しいものであろうと、何でも削ってみたい」というチャレンジ精神。その2つがこれまでの成長の原動力であり、これからも変わらない私たちのコアです。

「MADNESS」を皮切りに、
新しい挑戦を次々と。

2015年には、カーボン製品のオリジナルブランドである「MADNESS CARBON」を立ち上げ。カーボンでつくった招き猫やダルマなど、一般の人たちが見てもユニークなモノづくりを通じて、これまでのお客様やマーケットを超えて、多くの人にフタバモデルの技術力や発想力の豊かさを広めていきたいと考えています。「MADNESS CARBON」にとどまらない、新しくておもしろいチャレンジをこれからも次々と。フタバモデルから皆様への約束です。

会社概要

会 社 名

株式会社フタバモデル製作所

代 表 者

代表取締役 片山 慎太郎

資 本 金

1,500万円

事 業 所

本社/岐阜県大垣市三本木1-468-1
安八工場/岐阜県安八郡安八町中字六反338

経営理念

  1. 優れた品質と個性ある製品をつくろう。
  2. いつもお客様の身になり、考え行動しよう。
  3. 頭と体を使い協力して
    会社と社会のために働こう。

沿革

昭和22年

オリエント工業所 創立

昭和42年

フタバモデル製作所として開所

昭和56年

ダイレクトNC加工 開始

昭和63年

いち早く、3D CAD/CAMを導入

平成2年

安八工場 開設

平成8年

安八工場 増設

平成18年

CFRP加工開始

平成19年

CFRP成形開始

平成21年

NHKのクローズアップ現代にて会社紹介

平成23年

安八工場 カーボン成形加工用工場 増設

平成24年

ものづくり補助金にてCFRP成形用500tプレス機導入

平成25年

片山慎太郎が代表取締役に就任

平成25年

ものづくり補助金にて同時5軸加工機導入

平成26年

ものづくり補助金にてCFRP加工用ロボット、オンラインティーチングシステムを導入

平成27年

マドネス事業部開設 自社ブランド「MADNESS」創設

平成28年

「MADNESS」にてカーボンダルマの販売を開始

令和元年

真空成形事業部開設 真空成形品の製作販売を開始

アクセス

本社/岐阜県大垣市三本木1-468-1
安八工場/岐阜県安八郡安八町中字六反338